特質的と債務整理
特質的と債務整理
ホーム > 営業の求人情報 > 営業の人の気持ちも分かるし求人があるのも分かる

営業の人の気持ちも分かるし求人があるのも分かる

家にピンポンして来たり、電話をかけてきたり、彼らも仕事だから仕方ないとは思うのですが、営業の人を相手にするのって面倒ですよね。ノルマがあるのか知りませんが、うっかり出てしまうと離してくれませんよね。どんどん質問してきてどんどん話を勝手に進めちゃったりします。時々「○○してくれるだけでいいんで」とか必死過ぎて怖いときがありますよね。特に今はインターフォンに映像が出るのでそもそも応対してくれなかったり、電話番号が画面に出るので知らない番号だと出なかったりしますからね。最初の挨拶で自分を名乗ることすら難しい時代になっています。だからこそ、掴んだら離さないくらいの強引さになってしまうのでしょうね。

 

営業の気持ちが分かる求人情報

 

相手の気持ちになってみると、ピンポンして回っても誰も出ない、電話してもつながらない、が長く続くとだんだん無力感に襲われるだろうなと思います。丁寧に断ってくれる人もいるでしょうけど、時には怒鳴られたりすることもあるでしょうし、心が折れてしまっても仕方ないですよね。辞める人も多いでしょうし、求人も途切れないのも仕方ないかもしれません。なんかこう、効率のいいアプローチの仕方ってないんですかね。時代遅れになってますよね。