特質的と債務整理
特質的と債務整理
ホーム > 健康 > ポリフェノールのその種類と効果とは?

ポリフェノールのその種類と効果とは?

お茶やcoffeeにある特徴的な渋みや苦み成分は、ポリフェノールです。緑茶に含まれるカテキンには、ガンやアレルギーの抑制効果が期待されます。

 

coffee独特の苦み成分であるクロロゲン酸は胃の粘膜を刺激し胃酸の分泌を促したり、肝硬変の予防に役立ちます。ココアの含有するポリフェノールには、ストレス解消効果や虫歯予防・ピロリ菌の抑制効果も期待されます。鉄は赤血球を形成するミネラルです。

 

赤血球の主な成分であるヘモグロビンを造りだし、また酸素を全身に届ける役割をはたしています。鉄が不十分な状態がつづくと、酸素が全身に運ばれなくなりますから、顔色が蒼白になったり、貧血によって目まいや立ちくらみが起こりやすくなります。

 

鉄の含有量が多い食品としてレバーが代表格です。

 

 

リンは骨や歯を丈夫にしたり、エネルギーを産出に関わったり、細胞膜の脂質で働いたり、脳や神経の活動を補助する役目があります。

 

リンが少なくなると神経に関連する病気になる可能性があります。反対にインスタント食品に多く含まれるリンは過剰に摂取しやすく、骨粗鬆症や腎臓病の原因になるのです。

 

カリウムには体内の余剰な水分を排水するはたらきがあります。ナトリウムは水分を増やすのに反して、逆の特性を持つのがカリウム塩分や水分の摂取過剰でむくみ(細胞間質液と血液の圧力バランスが崩れることが原因で、細胞組織に水分が溜まってしまうのです。

 

 

内臓疾患の症状として現れることもあるでしょう)が起こっ立ているときは、カリウムを利用することで改善がみられます。昨今の食事では、塩分過剰になる傾向がありますが、カリウムの摂取を気にかける必要があります。ビタミンAは皮膚細胞の成長を促したり、目で光を感じる為に必要な物質ロドプシンのとなり、皮膚や目を健やかにするのに必須の栄養素です。

また鼻や喉の粘膜を造りウイルスを未然に防ぐことも出来ます。動物性のたんぱく質に多く含有されるレチノールと時と場合によって体内でビタミンAに切り替わるβ-カロテンと2種あります。

女性の美容に注目のコラーゲン配合の健康食品ですが、コラーゲンを摂取したからといって大量に食べても必ずしも健康や肌への効果が有るわけではありません。たんぱく質の1つであるコラーゲンは、体を構成する上では重要な成分ではあります。かといってそれを補うだけでは皮膚や関節が良くなるなどの科学的な根拠は、現在では存在しません。

 

 

 

トウガラシの辛み成分であるカプサイシンです。

 

全身への血行促進を促し発汗作用を高めて、肩凝りや冷えなどを解消し、疲労の回復やダイエット効果なども期待できます。

交感神経を刺激するカプサイシンはアドレナリンの分泌を促す効果があります。

結果的には、代謝があがって体に蓄積された脂肪を分解し燃焼指せるはたらきを促すので、ダイエットにも効果的です。

 

赤ワインのポリフェノールはその含有量の多さで注目されている成分です。

 

いろんな植物に存在する成分で化合物の総称で、苦みや渋み、色素の成分です。

活性酸素による害を防ぐ抗酸化作用があり、アンチエイジングへの期待がもてるとして人気を集めています。

 

 

それ以外にも、目の健康に良い、血液サラサラ効果アレルギーを抑制する作用が期待されます。ヘム鉄のサプリの人気の秘密とは?